一つ一つの部屋が独立していることがマイホームの条件

マイホームを建てる時に決めていったことは一つ一つの部屋が独立していること、でした。今の流行というのはオープンな部屋だと思います。実際にオープンハウスへ見学にも行きましたが、開放的で天井も高く、広々とした空間でした。それはとても気持ちよく、いいなぁと憧れはしたのですが、マイホームにするとなると考えてしまいました。天井が高く、広々とした空間というのは夏などいいのかもしれません。でも、本格的な夏だったり、冬は考えものです。部屋がなかなか冷えないだろうし、温まりにくいと思うのです。さらに我が家ではさほど冷房を使わず、暖房は全く使いません。体質に合わないので使っていないのです。扇風機や電気ストーブが我が家の必需品なのです。そうすると、あまりに天井が高かったり、広々とした空間だと、扇風機の風が行き渡らないし、電気ストーブを点けたとしても温まりにくいと考えたのです。そのため、マイホームは部屋を独立させました。開放的にしたい時は扉を開けはいいので、便利です。暑い夏や寒い冬は扉は閉じて、扇風機や電気ストーブを使っています。おかげでとても快適に過ごせますし、電気代も節約できます。やっぱり自分たちの生活に合わせてマイホームを建てて、本当に良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です